カテゴリ:読書感想 > ビートたけし

☆評価5 " target="_blank" title="">少年 テレビじゃ言えない 「さみしさ」の研究 私ばかりがなぜもてる―たけしの初級賢者学講座 浅草キッド ☆評価4 ヒンシュクの達人 バカ論 新しい道徳 下世話の作法 悪口の技術  日本人改造論 父親は自分のために生きろ 日本人改 ...

コロナとバカ ビートたけし ウイルスより、よっぽどヤバいぞニッポン人。 <本書に登場する残念な人たち> ●国民に外出自粛をお願いしておいて、自分の妻には言えない前総理大臣 ●スイーツやコミック好きをアピールして「かわいいオジサン」ぶる現総理大臣 ●政権批判ブ ...

弔辞 ビートたけし 芸論から人生論・世界観まで 73歳になった俺が今、考えていること―― 「いろんなものが消えていく。だけど、忘れちゃいけないものもある。面白かったテレビ。貧しかったけど希望のあった暮らし。大家族の絆。資本主義に蝕まれる前の、働くという喜び ...

大親分! アウトレイジな懲りない面々 北野武 河出新書で「北野武の最新小説」が登場!「利口はやらない、バカじゃできない、一途な人たち。」(北野武)の物語が、幕を開ける。 ☆実話もあるのかな、と思いながら読むと、そんなヤクザいるわけないだろ、と思えて面白か ...

芸人と影 ビートたけし 芸能と裏社会…やっぱりテレビじゃ言えない 芸能界の光と闇を誰より知るレジェンド・ビートたけしが、「闇営業とヤクザ」「テレビ業界の真実」についてタブーなき持論を展開する。 テレビでたけしが吠えたあの一言、 「オイラたち芸人は、猿まわし ...

教祖誕生 ビートたけし 「教祖来る!! 神と出会う集会開催」手渡された一枚のチラシ。そして、目前で実演される感動的な奇跡。うぶな和夫は、インチキを信じ教団職員となるが、そこに宗教はなかった。初代教祖が亡くなると、実権を握る総務主管・司馬は、二代目教祖に和 ...

落選確実選挙演説 ビートたけし 日本をダメにした政治家たち。役立たずの「ニッポン改造計画」。いつまできれいごと言ってるんだよ! オイラもついに堪忍袋の緒がキレた。――いよいよ「新党オイラ」結成か? 怒号と罵声の中、空前絶後の大演説。たけしが心を鬼にして言 ...

みんな自分がわからない ビートたけし 「不景気だ、不景気だ」って大騒ぎしてるけど、いったい誰が不景気で困ってるんだ。いまの日本人はもっと徹底的に貧乏になって、自分の身の程を知ったほうがいいんだ――。何とも不思議な国ニッポン。みんな自分がわからない。そんな ...

あのひと ビートたけし 「ものにならなくてもいい、“あのひと”の弟子になって一度は芸人の世界に身を置いてみたい」――気弱で目立たない青年が、一念発起、憧れの人たけしに弟子入りする顛末「あのひと」。高二の夏、女の子にもてたい一心で、ひたすら三浦海岸まで自転 ...

やっぱり私は嫌われる ビートたけし 死んじゃったらおしまいだって? ホント、よく言うよ。命がけで生きているわけでもないのに。そういう奴に限って、自分の命に特別な値段をつけたがるもんなんだよ。人権バカ、俗物政治家、図々しいおばさんたち……。ホトホト呆れ果て ...

だから私は嫌われる ビートたけし ホント、この国の現状には呆れるね。今度ばかりは、オイラ、腹を括ってガンガン言っちゃうよ。一億平等幻想、自由のハキチガエ、醜い拝金主義…。一体、いつから日本はこんな国に成り下がったんだい?まずなにより自分の身の程を知れってえ ...

おまえの不幸には、訳がある!―たけしの上級賢者学講座 ビートたけし 人生、上手くいかないって?当たり前だよ、その不幸には星の数ほど理由があるんだから。雁首揃えて聞きやがれ、おいらの幸福論―。どうしてニッポンはこんなにダメになったのか、どうすりゃいいのか、こ ...

浅草キッド ビートたけし ある真夏の昼下がり、ランニングにショートパンツ、ビーチサンダル姿のひとりの青年が、浅草六区の街におりたった。それがオイラだった。――昭和47年、大学を中退したたけしは、浅草フランス座に飛び込んで芸人修業を開始した。ダンディな深見師 ...

私ばかりがなぜもてる―たけしの初級賢者学講座 ビートたけし おいおい、おいらが散々言ってるのに世の中、ちっとも変わらない。よーし、もう一度、おいらの出番だ――。「元祖毒舌」たけし降臨!! 欲ボケ、平和ボケ、民主主義ボケのニッポンに、必殺たけしの筆誅が下る。 ...

たけしくん、ハイ! ビートたけし 気が小さくて、酒を飲まないと何もいえなかったおやじ。酔っぱらうと「バカヤロー」が口癖で、おふくろには頭が上がらなかった。おふくろは、やたら教育熱心で、秀才の兄きが自慢の種だった。俺は遊びに夢中だった。何もない時代だからこ ...

このページのトップヘ