カテゴリ:読書感想 > 小野不由美

☆評価5 魔性の子 十二国記0 風の海迷宮の岸 十二国記2 風の万里 黎明の空〈下〉 十二国記4 丕緒の鳥 十二国記5 図南の翼 十二国記6 華胥の幽夢 十二国記7 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 白銀の墟 玄の月 第三巻 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 ゴースト ...

ゴーストハント5 鮮血の迷宮 小野不由美 血の匂いがするーー。複雑怪奇な洋館に隠された恐るべき秘密とは。 増改築を繰り返した結果、迷宮のような構造を持つにいたった巨大な洋館。長年放置されていたその館の周辺で行方不明者が相次ぐ。突然現れたナルの師匠という女性 ...

ゴーストハント4 死霊遊戯 小野不由美 どのくらいの数の霊がさまよっていると思う? ヲリキリサマなら怖くない! 連日報道される千葉県にある公立高校・緑陵高校での奇妙な事件。生徒会長・安原の懇願を受け、麻衣たちは調査に向かった。学校内ではおびただしい数の怪談や怪 ...

ゴーストハント3 乙女ノ祈リ 小野不由美 そのクラスには呪われた席があるーー超能力少女と超常現象と事件の関係は? 次々と舞い込むSPRへの調査依頼。それらはすべて東京周辺にある湯浅高校で起こった怪現象にまつわるものだった。数々の事故や病気、山のような校内での聞 ...

ゴーストハント2 人形の檻 小野不由美 「十二国記」の小野不由美の原点! ミステリー&ホラーの傑作。 父親不在の女性ばかりの瀟洒な古い洋館で起こる不可解な出来事の解決を依頼してきたのは、その洋館に住む若い妻だった。なぜかまたもや合流することになった霊能者軍団 ...

ゴーストハント1 旧校舎怪談 小野不由美 主人公・麻衣(まい)の高校にある旧校舎には、取り壊そうとすると祟りがある、夜になると窓に幽霊の姿が浮かぶなど、怪奇な噂が絶えない。だがその原因と言えば、地縛霊や戦災にあった浮かばれぬ霊の仕業説、霊などいないと断言する ...

白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 小野不由美 「助けてやれず、済まない…」男は、幼い麒麟に思いを馳せながら黒い獣を捕らえた。地の底で手にした沙包の鈴が助けになるとは。天の加護がその命を繋いだ歳月、泰麒は数奇な運命を生き、李斎もまた、汚名を着せられ追われた。 ...

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 新王践祚―角なき麒麟の決断は。李斎は、荒民らが怪我人を匿った里に辿り着く。だが、髪は白く眼は紅い男の命は、既に絶えていた。驍宗の臣であることを誇りとして、自らを支えた矜持は潰えたのか。そして、李斎の許を離れた泰麒は、妖魔 ...

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 小野不由美 民には、早く希望を見せてやりたい。国の安寧を誰よりも願った驍宗の行方を追う泰麒は、ついに白圭宮へと至る。それは王の座を奪い取った阿選に会うためだった。しかし権力を恣にしたはずの仮王には政を治める気配がない。一方 ...

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 小野不由美 戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶 ...

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 小野不由美 人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊は、芳国国王である父が簒奪者に殺され、平穏な暮らしを失くし哭いていた。そして鈴は ...

風の万里 黎明の空〈下〉ー十二国記4 小野不由美  王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く ...

丕緒の鳥ー十二国記5 小野不由美 「絶望」から「希望」を信じた男がいた。慶国に新王が登極した。即位の礼で行われる「たいしや大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。陶工である丕緒(ひしょ)は、国の理想を表す任の重さに苦慮する。希望を託した「鳥」は、果たし ...

図南の翼ー十二国記6 小野不由美 この国の王になるのは、あたし! 恭国(きようこく)は先王が斃(たお)れて27年、王不在のまま治安は乱れ、妖魔までも徘徊(はいかい)していた。首都連檣(れんしよう)に住む少女珠晶(しゆしよう)は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしと教育 ...

華胥の幽夢 十二国記7 小野不由美 王は夢を叶えてくれると信じた。だが。 才国(さいこく)の宝重である華胥華朶(かしょかだ)を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし、采麟(さいりん)が病に伏すいま、麒麟が斃(たお)れることは国の終焉を意味する国の命 ...

このページのトップヘ