カテゴリ:読書感想 > 司馬遼太郎

☆評価5 竜馬がゆく (六) 翔ぶが如く (9) 街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか 街道をゆく 11 肥前の諸街道 街道をゆく 15 北海道の諸道 街道をゆく 16 叡山の諸道 街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 街道をゆく〈21〉神戸・横浜散歩ほか 街道をゆく 22 南 ...

功名が辻 (3)  司馬遼太郎 戦国の動乱期。賢妻として名高い千代と夫婦手をとりあい、ついには土佐一国の大名になった山内一豊の痛快出世物語。新装版全4巻。 絢爛たる栄華を誇った豊臣秀吉の天下がかたむきはじめた。かれに老耄の翳がさし、跡継ぎの秀頼はなお幼年の域を ...

功名が辻 (2) 司馬遼太郎 木下藤吉郎(豊臣秀吉)の手についた伊右衛門の出世は、遅々としてならない。そして日の出の勢いだった織田家に転機がきた。信長が本能寺で斃されたのである。跡目をねらう諸将の中で、いち早くとび出したのは秀吉であった。伊右衛門にも運がむいて ...

功名が辻(1)司馬遼太郎 天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。その彼に、賢くて美しい嫁がくるという…伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。戦国時代、夫婦が手を ...

城塞(下)司馬遼太郎 br /> 外濠も内濠も埋められて裸城となった大坂城に対して、家康は最後の戦いをしかける。夏ノ陣を前にして、大坂方には、もはやいかなる勝機も残されてはいなかった。数十万の東軍を相手に、真田幸村、毛利勝永らは、家康の本営にまで斬り込む働きを ...

城塞(中)司馬遼太郎 真田幸村、後藤又兵衛ら、関ヶ原ノ合戦でむなしく敗れた豪将たちを迎えて籠城作戦をとる大坂方。みずから四十万の兵をひきいて包囲する徳川家康。かくて大坂冬ノ陣の激戦の火蓋は切られた。真田丸にたてこもる幸村の神技を思わせる戦闘指揮にもかかわ ...

城塞(上)司馬遼太郎 秀頼、淀殿を挑発して開戦を迫る家康。大坂冬ノ陣、夏ノ陣を最後に陥落してゆく巨城の運命に託して豊臣家滅亡の人間悲劇を描く。 「豊臣家をつぶす」――“関ケ原"から十四年、徳川家康は多年の野望を実現すべく、大坂城の秀頼・淀殿に対して策謀を ...

花神(下)司馬遼太郎 周防の村医から一転して官軍総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげた、日本近代兵制の創始者・大村益次郎の波瀾の生涯を描く。 百姓が武士に勝った。幕府との戦いでの長州軍の勝利は、維新史の転換点となり、幕府は急速に瓦解へとつきすすんで ...

花神(中) 司馬遼太郎 周防の村医から一転して官軍総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげた、日本近代兵制の創始者・大村益次郎の波瀾の生涯を描く。 長州――この極めてアクティブな藩に属したことが、蔵六(のちの大村益次郎)自身の運命と日本史に重大な変化をもた ...

花神(上) 司馬遼太郎 周防の村医から一転して官軍総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげた、日本近代兵制の創始者・大村益次郎の波瀾の生涯を描く。 長州藩周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者・大 ...

坂の上の雲(七)司馬遼太郎 各地の会戦できわどい勝利を得はしたものの、日本の戦闘能力は目にみえて衰えていった。補充すべき兵は底をついている。乏しい兵力をかき集めて、ロシア軍が腰をすえる奉天を包囲撃滅しようと、日本軍は捨て身の大攻勢に転じた。だが、果然、逆 ...

坂の上の雲(六)司馬遼太郎 作戦の転換が功を奏して、旅順は陥落した。だが兵力の消耗は日々深刻であった。北で警鐘が鳴る。満州の野でかろうじて持ちこたえ冬ごもりしている日本軍に対し、凍てつく大地をとどろかせ、ロシアの攻勢が始まった。左翼を守備する秋山好古支隊 ...

街道をゆく 22 南蛮のみちI 司馬遼太郎 バスクは浮世の国ではない。常世の、本質的な国であるような感じがする──日本史のなかでもっとも印象的だった「南蛮人」の代表、宣教師フランシスコ・ザビエルの痕跡を求め、パリからザビエルの生地であるバスク地方へと訪ね歩く ...

世に棲む日日 (二)司馬遼太郎 海外渡航を試みるという、大禁を犯した吉田松陰は郷里の萩郊外、松本村に蟄居させられる。そして安政ノ大獄で、死罪に処せられるまでの、わずか三年たらずの間、粗末な小屋の塾で、高杉晋作らを相手に、松陰が細々とまき続けた小さな種は、 ...

街道をゆく 11 肥前の諸街道 司馬遼太郎 日本侵略へのフビライの執念に思いを馳せた「蒙古塚」を皮切りに、地図をながめるだけで「にわかに貿易風の吹きわたるにおいを感じてしまう」という肥前のみちをゆく。平戸から長崎へ、中世末の日本が初めて「普遍」の波に洗われ ...

このページのトップヘ