カテゴリ: 読書感想

☆評価5 赤い指 人魚の眠る家 真夏の方程式 幻夜 虚ろな十字架 眠りの森  白夜行 容疑者Xの献身 使命と魂のリミット マスカレード・ホテル ダイイング・アイ ☆評価4 むかし僕が死んだ家 名探偵の掟 名探偵の呪縛 私が彼を殺した 嘘をもうひとつだけ 夜明けの街で 聖女 ...

浪花少年探偵団 東野圭吾 「困ったことがあったら、相談しいや」 女の先生だから、解ける謎がある。 家庭内暴力の父親を持つ少年。ゲームの転売をする家なき子。叶わぬ恋に悩むOL。彼女がいるから救われる。 これを読んだら東野作品全制覇だったりして!? 小学校教師の ...

☆評価5 竜馬がゆく (六) 翔ぶが如く (9) 街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか 街道をゆく 11 肥前の諸街道 街道をゆく 15 北海道の諸道 街道をゆく 16 叡山の諸道 街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 街道をゆく〈21〉神戸・横浜散歩ほか 街道をゆく 22 南 ...

功名が辻 (3)  司馬遼太郎 戦国の動乱期。賢妻として名高い千代と夫婦手をとりあい、ついには土佐一国の大名になった山内一豊の痛快出世物語。新装版全4巻。 絢爛たる栄華を誇った豊臣秀吉の天下がかたむきはじめた。かれに老耄の翳がさし、跡継ぎの秀頼はなお幼年の域を ...

☆評価5 盤上の夜 ヨハネスブルグの天使たち エクソダス症候群 カブールの園 アメリカ最後の実験 超動く家にて ☆評価4 彼女がエスパーだったころ ☆評価3 月と太陽の盤: 碁盤師・吉井利仙の事件簿 ...

超動く家にて 宮内悠介 分厚い雑誌を圧縮する架空競技 「トランジスタ技術の圧縮」 宇宙ステーションでの野球盤対決 「星間野球」など、着想の時点からとても不思議な16編を自選。 解説 酉島伝法 「深刻に、ぼくはくだらない話を書く必要に迫られていた」――雑誌『トラ ...

功名が辻 (2) 司馬遼太郎 木下藤吉郎(豊臣秀吉)の手についた伊右衛門の出世は、遅々としてならない。そして日の出の勢いだった織田家に転機がきた。信長が本能寺で斃されたのである。跡目をねらう諸将の中で、いち早くとび出したのは秀吉であった。伊右衛門にも運がむいて ...

☆評価5 「憲法改正」の真実 樋口 陽一 ネット私刑(リンチ)安田浩一 読んでいない本について堂々と語る方法 ピエール・バイヤール 私の考え 三浦瑠麗 「反権力」は正義ですか―ラジオニュースの現場から― 飯田浩司 ネトウヨとパヨク 物江潤 日本の分断 私たちの民 ...

騙されない老後-権力に迎合しない不良老人のすすめ- 池田清彦 健康も安全も何が最善かを決められるのは自分だけ。 「不良老人」こそ「今」を楽しんで幸せになれる―― 『ホンマでっか!? TV』でおなじみの生物学者・池田清彦が説く、 賢くしたたかに老後を生き抜く知恵と教 ...

☆評価5 13 沈黙/アビシニアン  アラビアの夜の種族〈1〉 アラビアの夜の種族 III サウンドトラック〈下〉 ベルカ、吠えないのか? 聖家族(上) 聖家族(下) ☆評価4 アラビアの夜の種族Ⅱ サウンドトラック〈上〉 LOVE gift ボディ・アンド・ソウル ☆評価3 ハル、ハ ...

ハル、ハル、ハル 古川日出男 「この物語は全ての物語の続篇だ」――暴走する世界、疾走する少年と少女。3人のハルよ、世界を乗っ取れ! 乱暴で純粋な人間たちの圧倒的な“いま”を描き、話題沸騰となった著者代表作。成海璃子推薦! ☆3作とも独特の文体だけど、リズ ...

功名が辻(1)司馬遼太郎 天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。その彼に、賢くて美しい嫁がくるという…伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。戦国時代、夫婦が手を ...

☆評価5 マルドゥック・ヴェロシティ3 天地明察(上) 天地明察(下) ☆評価4 マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 マ ...

マルドゥック・アノニマス3 沖方丁 マルドゥック市の中枢部に食い込んだハンターは、共感(シンパシー)をもって新興勢力を〈クインテット〉に引き入れ、戦力を拡大していく。その様を見せつけられたウフコックは、対抗できる「善の勢力」を結集するため孤独に奔走する。自 ...

このページのトップヘ