2020年07月

最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1 筒井康隆 ドタバタとは手足がケイレンし、血液が逆流し、脳が耳からこぼれるほど笑ってしまう芸術表現のことである。健康ファシズムが暴走し、喫煙者が国家的弾圧を受けるようになっても、おれは喫い続ける。地上最後のスモーカーとな ...

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 宮部みゆき あたしたちで真相をつかもうよ――。二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒たちを差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、柏井卓也はなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたしたちは ...

少女終末旅行 繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が崩壊してから長い年月が過ぎた。生き物のほとんどが死に絶え、全てが終わってしまった世界。残されたのは廃墟となった巨大都市と朽ち果てた機械だけ。いつ世界は終わってしまったのか、なぜ世界は終わってしまったのか、そ ...

☆評価5 ☆評価4 ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜 ビブリア古書堂の事件手帖 2 〜栞子さんと謎めく日常〜 ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ ビブリア古書堂の事件手帖 (6) 〜栞子さんと巡るさだめ〜 ビブリア古書堂の事件 ...

ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~ 三上延 シリーズ累計700万部の人気古書ミステリ、最新作は丸ごと「横溝正史」! ビブリア古書堂に舞い込んだ新たな相談事。それは、この世に存在していないはずの本――横溝正史の幻の作品が何者かに盗まれたという奇妙なも ...

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 宮部みゆき もう一度 事件を調べてください クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼の死は、殺人か、自殺か――。作家生活25年の集大成、現代ミステリーの最高峰。 もう一度、事件を調べてください。柏木君を突 ...

私ばかりがなぜもてる―たけしの初級賢者学講座 ビートたけし おいおい、おいらが散々言ってるのに世の中、ちっとも変わらない。よーし、もう一度、おいらの出番だ――。「元祖毒舌」たけし降臨!! 欲ボケ、平和ボケ、民主主義ボケのニッポンに、必殺たけしの筆誅が下る。 ...

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 宮部みゆき もう一度 事件を調べてください クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼の死は、殺人か、自殺か――。作家生活25年の集大成、現代ミステリーの最高峰。 クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。 ...

三幕殺人事件 アガサ・クリスティー 引退した俳優が主催するパーティで、老牧師が不可解な死を遂げた。数カ月後、あるパーティの席上、俳優の友人の医師が同じ状況下で死亡した。俳優、美貌の娘、演劇パトロンの男らが事件に挑み、名探偵ポアロが彼らを真相へと導く。ポアロ ...

グリザイアの楽園 学園からふらっと姿を消した雄二。いつものように彼の帰りを待つ美浜学園の少女たちが次に彼の姿を認めたのは、テロ事件の首謀者として報じられるテレビ画面の中だった。以来、忽然と不明になる雄二の行方。彼の無事と無実を信じる彼女たちは、風見 ...

ローマ人の物語 (24) 賢帝の世紀(上) 塩野七生 紀元二世紀、同時代人さえ「黄金の世紀」と呼んだ全盛期をローマにもたらしたのは、トライアヌス、ハドリアヌス、アントニヌス・ピウスの三皇帝だった。初の属州出身皇帝となったトライアヌスは、防衛線の再編、社会基盤の整 ...

ホワイトラビット 伊坂幸太郎 兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付けられ、自由を奪われ、さらに家族には秘密があった。連鎖は止まらない。ある男は夜空のオリオン座の神秘を語り、警察は特 ...

このページのトップヘ