にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

☆評価5 竜馬がゆく (六) 翔ぶが如く (9) 街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか 街道をゆく 11 肥前の諸街道 街道をゆく 15 北海道の諸道 街道をゆく 16 叡山の諸道 街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 街道をゆく〈21〉神戸・横浜散歩ほか 街道をゆく 22 南 ...

ロシアは、その東部の寒冷地帯の運営を円滑にするために、日本に食料の供給を求めた。が、幕府が交易を拒絶したことから、報復の連鎖反応が始まった。ロシア船が北方の日本の漁場を襲撃すれば、幕府も千島で測量中のロシア海軍少佐を捕縛する。商人にすぎない嘉兵衛の未来 ...

☆評価5 高丘親王航海記 毒薬の手帖  ドラコニアの夢 胡桃の中の世界 エロティシズム ☆評価4 秘密結社の手帖 快楽主義の哲学 東西不思議物語 黒魔術の手帖 妖人奇人館 ☆評価3 世界悪女物語 ...

占星術師や錬金術師、魔術師、詐欺師に殺し屋……世には実に多くの妖人、奇人、怪人が存在する。謎めいた仮面を被り、数々の奇行とスキャンダラスな行為で世の中を煙に巻いた歴史上の人物たちの驚くべき生涯! ☆ノストラダムスを始め、聞いた事はあるが、詳しく知ってるわ ...

本書は、現代の純文学からミステリーまでの11作品を題材に、物語をより深く楽しく味わうコツを、人気小説家がわかりやすく解説。小説を読んだ後、SNSで、作品の感想を書いたり、意見交換ができるようになる1冊です。 「冒頭で、私は、動物行動学者のティンバーゲンによる ...

司馬遼太郎の『街道をゆく』が、読みやすい新組みに生まれ変わって再登場。全43巻、毎月4冊同時刊行。近代の歴史の舞台、湖東平野を歩き、民家のたたずまいや近江門徒という精神的な土壌や風土から語る「近江散歩」。1000年以上も続いてきた東大寺修ニ会(お水取り)を始め、 ...

エトロフ島は好漁場であったが、すさまじい潮流が行く手を妨げ、未開のままだった。しかし幕府は北辺の防備を固めるため、ここに航路を確立する必要を痛感して、この重要で困難な仕事を嘉兵衛にゆだねた。彼の成功は蝦夷人にも幕府にも大きな利益をもたらすだろう。しかしす ...

☆評価5 ダンス・ダンス・ダンス(上) ダンス・ダンス・ダンス(下) ノルウェイの森 上 ノルウェイの森 下 カンガルー日和 螢・納屋を焼く・その他の短編 騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) 神の子どもたちはみな踊る 1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 1Q84―BO ...

春樹さん、こんなことも聞いていいですか? 世界中から集まった質問は何と 3 万7465通。恋愛・人間関係・仕事など悩ましい人生のモンダイから小説の書き方、音楽や映画、社会問題、猫やスワローズまで、怒濤のメール問答は119日間、閲覧数1億PVに及んだ。可愛くてちょっとシ ...

コロナ禍の裏で深刻化する米中対立! 日本の取るべき進路は? 米中対立激化! 新冷戦が世界を襲う。日本はどうする? 2020年、2021年の世界を象徴するキーワード、それは「感染症」と「分断」。新型コロナウイルスがいまだに猛威をふるい、分断が進む世界。コロナ禍の裏では ...

蝦夷地の主・松前藩は、アイヌの人びとを酷使して豊富な海産物を独占していたが、この内実をほかに知られるのを恐れ、北辺にせまる大国ロシアの足音を聞きながら、それを隠し続けた。ようやく嘉兵衛が巨船を作り上げ、憧れのかの地を踏んだ頃から、情勢は意外な展開を見せ始 ...

☆評価5 化物語(上) 化物語 下 猫物語 (白) 傷物語 囮物語 撫物語 美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 ☆評価4 クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 偽物語(下) 猫物語 ...

眠るたび記憶がリセットされる名探偵・掟上今日子。 引き受けた事件は即日解決の彼女のもとに、今日も悩める刑事からの難題が舞い込んだ。 呼び出されたのはなぜか、事件現場ではなく遊園地。 依頼は、ある事件の容疑者より速く、巨大な脱出ゲームをクリアすることで……? ...

☆評価5 ☆評価4 見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) あの頃の想いと優しい夏休み-京都寺町三条のホームズ(11) 京都寺町三条のホームズ(12)-祗園探偵の事件手帖 京都寺町三条のホームズ(14)-摩天楼の誘惑 京都寺町三条のホームズ(18)-お嬢様のミッ ...

新年の仕事始めの日。ジウ・イーリンが小松探偵事務所を訪ねてきた。 父・ジーフェイの知り合いの香港の大富豪の一人娘が京都に来ており、彼女のガイド兼ボディーガードを頼みたいという。 清貴は、しぶしぶ依頼を引き受けることになったが、やがて、とんでもない事件に巻 ...

このページのトップヘ