カテゴリ:読書感想 > 筒井康隆

☆評価5 笑うな 東海道戦争 創作の極意と掟 狂気の沙汰も金次第 文学部唯野教授 アフリカの爆弾 家族八景 おれに関する噂 旅のラゴス 将軍が目醒めた時 俗物図鑑 最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1 ☆評価4 幻想の未来 にぎやかな未来 七瀬ふたたび 読書の極意と掟 エ ...

最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1 筒井康隆 ドタバタとは手足がケイレンし、血液が逆流し、脳が耳からこぼれるほど笑ってしまう芸術表現のことである。健康ファシズムが暴走し、喫煙者が国家的弾圧を受けるようになっても、おれは喫い続ける。地上最後のスモーカーとな ...

老人の美学 筒井康隆 年寄嗤うな、明日の自分。 最初で最後、最強の人生論! 青年、中年からやがて老年へ。人生百年時代にあって も、「老い」は誰にとっても最初にして最後の道行き なのだ。自分の居場所を見定めながら、社会の中でど う自らを律すればいいのか。周囲 ...

定本 バブリング創世記 筒井康隆 筒井康隆の世紀の奇書が“定本”として三十七年ぶりに復刊!“ドンドンはドンドコの父なり。ドンドンの子ドンドコ、ドンドコドンを生み…”ジャズ・スキャットで使われるバブリングを駆使し、奇想天外なパロディ聖書として読書界を驚倒さ ...

笑うな 筒井康隆 タイム・マシンを発明して、直前に起った出来事を眺める「笑うな」など、ユニークな発想とブラックユーモアのショートショート集。 ☆大家のショートショート作品集。「スラップスティックでブラックな味」と言う惹句はその通りで、あっと言う間に読了 ...

俗物図鑑 筒井康隆 評論家だけの風変りな“梁山泊”プロダクション出現――盗聴、横領、出歯亀、放火などタブーとされる芸ばかりに秀でている彼ら俗物センセイは、一躍、マスコミの寵児にのし上がる。しかし、彼らの奔放な活躍ぶりは、次第に世間の良識という怪物の反撃に ...

おれに関する噂 筒井康隆 テレビのニュース・アナが、だしぬけにおれのことを喋りはじめた――「森下ツトムさんは今日、タイピストをお茶に誘いましたが、ことわられてしまいました」。続いて、新聞が、週刊誌が、おれの噂を書きたてる。なぜ、平凡なサラリーマンであるお ...

エディプスの恋人 ある日、少年の頭上でボールが割れた。音もなく、粉ごなになって。――それが異常の始まりだった。強い“意志”の力に守られた少年の周囲に次々と不思議が起こる。その謎を解明しようとした美しきテレパス七瀬は、いつしか少年と愛しあっていた。初めての ...

狂気の沙汰も金次第 筒井康隆 確固とした日常に支えられたこの地平を超えて遙か向うを眺めれば、果しなく自由で華麗なる狂気の世界が拡がる―著者は、あたかもささやかな身辺雑記を綴るかのごとく筆を進めながら、実はあなたをアイロニカルな現代批評と潜在的狂気の発掘へ ...

読書の極意と掟 筒井康隆 戦時中にひとり疎開した幼少期、演劇部で活躍した中高時代、不本意な営業に配属された新入社員時代、いつも傍らには本があった。いずれ小説を書くとは夢にも思わず、役者になりたかった青年を大作家にしたのは“読書”だった。小説界の巨人が惜し ...

七瀬ふたたび 筒井康隆 生れながらに人の心を読むことができる超能力者、美しきテレパス火田七瀬は、人に超能力者だと悟られるのを恐れて、お手伝いの仕事をやめ、旅に出る。その夜汽車の中で、生れてはじめて、同じテレパシーの能力を持った子供ノリオと出会う。その後、 ...

家族八景 筒井康隆 幸か不幸か生まれながらのテレパシーをもって、目の前の人の心をすべて読みとってしまう可愛いお手伝いさんの七瀬――彼女は転々として移り住む八軒の住人の心にふと忍び寄ってマイホームの虚偽を抉り出す。人間心理の深層に容赦なく光を当て、平凡な日 ...

アフリカの爆弾 筒井康隆 ☆平岡正明氏の解説にいわく、筒井康隆ファン=熱狂的なファンだそうだ。私は熱狂的なファンなので、評価はもちろん最高だ。今読み返しても最狂レベルのドタバタSF短編集で、未だに彼を超える作家など存在しないと思う。又これも解説の引用だが ...

文学部唯野教授 筒井康隆  これは究極のパロディか,抱腹絶倒のメタフィクションか! 大学に内緒で小説を発表している唯野先生は,グロテスクな日常を乗り切りながら,講義では印象批評からポスト構造主義まで壮観な文学理論を展開して行くのであったが….「大学」と「 ...

幻想の未来 筒井康隆 ☆表題作はこれ以上ない壮大な時間軸のスケールで描かれた凄い作品。核戦争で地球上から人類のみならずあらゆる生命体がほぼ亡んでしまった遙かな未来と言う想定のようだが、生命が存在し得そうもない環境に適応した人類の末裔を描くSF的想像力は正 ...

このページのトップヘ