カテゴリ:読書感想 > 田中啓文

☆評価5 銀河帝国の弘法も筆の誤り 忘却の船に流れは光 蹴りたい田中 オニマル 異界犯罪捜査班 鬼刑事VS殺人鬼 田中啓文 ☆評価4 落下する緑 永見緋太郎の事件簿 警視庁陰陽寮オニマル 鬼刑事VS吸血鬼 水霊(みずち) ミズチ 警視庁陰陽寮オニマル 魔都の貴公子 オニマ ...

落下する緑 永見緋太郎の事件簿 田中啓文 ジャズバンド、唐島英治クインテットのメンバー、永見緋太郎は天才肌のテナーサックス奏者。音楽以外には関心を示さないのが玉に瑕だが、ひとたび事件や謎に遭遇すると、フリージャズを奏でるように軽やかに解決していく。反対に ...

銀河帝国の弘法も筆の誤り 田中啓文 「ブラックホールの中にホトケはいるかおらぬか、そもさん」史上初めて傍受された知的生命体からのメッセージは、なぜか敵意むきだしの禅問答であった!?――「人類圏」存亡の危機に立ち向かう伝説の高僧・弘法大師の勇姿を描く表題作、 ...

忘却の船に流れは光 田中啓文 かつて世界は悪魔に滅ぼされた。主は五階層の閉鎖都市を創造し、聖なるによって悪魔の侵入を食いとめたという。それから幾星霜、都市を統べるの聖職者ブルーは、悪魔崇拝者の摘発後、世界の真理を探究する修学者ヘーゲルに出会い、の厳格な支 ...

水霊(みずち) ミズチ 田中啓文 『平成日本の百名水』神社の遺跡から湧き出た水を商品化する――。それは過疎村の村興し事業の目玉企画だった。ところが、その計画に携わる者が、人間離れした食欲をしめした後、痩せ衰えて死亡する怪事件が発生する。湧き水と事件の関連性 ...

警視庁陰陽寮オニマル 魔都の貴公子 田中啓文 陰陽師と鬼の呉越同舟コンビが、怪異な事件を追う異形警察ミステリー、! 警視庁本部庁舎の廊下を優雅に闊歩する美貌の警部。漆黒の総髪、碧色の瞳、平安貴族を思わせるみやびなオーラをまとう若者の名は、ベニー芳垣。アメリ ...

警視庁陰陽寮オニマル 鬼刑事VS吸血鬼 東京で人間業とは思えない怪事件が続発していた、陰陽師でもある警部ベニーと、鬼刑事の鬼丸の呉越同舟コンビが最終決戦に臨む。そして、秘密裏にしてきた鬼丸の正体がついに!? シリーズついに完結! ☆シリーズを締め括る3作品だ ...

オニマル 異界犯罪捜査班 鬼と呼ばれた男 田中啓文 警視庁忌戸部署に、アメリカから美しき警部がやってきた。凛々しい総髪に、宝石のような碧眼。あまりに優秀だったため、在籍していたロス市警が、長年手放さなかったという。名はベニー芳垣。裏の顔はなんと凄腕の陰陽師 ...

オニマル 異界犯罪捜査班 結界の密室 田中啓文 美貌の警部にして、陰陽師のベニー芳垣は、占筮の最中、伊原塚という男に、怨霊による殺害の危機が迫っていることを知る。陰陽の力で男を護ることを命じられたベニーは、伊原塚の部屋の周囲に“最高の結界”を張り、万全の態 ...

力士探偵シャーロック山 田中啓文 銅煎部屋で唯一の三役力士・斜麓山は大のミステリー好きで稽古よりも本の続きが大事。自分は相撲取りではなく探偵なのだと言いはり、付け人の輪斗山は悩まされ通しだ。しかし、彼らの周辺ではなぜかシャーロック・ホームズの名作ばりの事 ...

オニマル 異界犯罪捜査班 鬼刑事VS殺人鬼 田中啓文 忌戸部署管内で、頭部を無惨に潰された異様な死体が発見された。時を同じくして、奇妙な生物や怪奇現象の目撃が相次ぐ。次々と発見される惨殺死体を前に、自らも鬼である刑事・鬼丸は、その犯行を同族の仕業と確信するが ...

蹴りたい田中 田中 啓文 第二次大戦下で鬱屈する少年兵たちの、複雑な心象を描破した珠玉作「蹴りたい田中」で第130回茶川賞受賞後、突如消息を絶った伝説の作家・田中啓文。その稀有なる才能を偲んで、幼少時から出奔までの偉大なる生涯を辿る単行本未収録作8篇+αを精 ...

蝿の王 田中啓文 ある遺跡で無数の赤子の骨とひとつの壷が発見された。その封印が解かれたとき、人類は未曾有の危機を迎えた。突如、東京では児童殺人が頻発する。そこには必ず虫が大量発生するという怪現象が……。その最中、ひとりの少女が身に覚えのない妊娠をした。頭 ...

このページのトップヘ