カテゴリ:読書感想 > その他エッセイ

☆評価5 ☆評価4 本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 堀江貴文 筋金入りのヘタレになれ 島田雅彦 騎手の一分――競馬界の真実 藤田伸二 勝負の極意 浅田次郎 ☆評価3 ひとりぼっちを笑うな 蛭子能収 蛭子の論語 自由に生きるためのヒント  蛭子 能収 大 ...

大泉エッセイ 僕が綴った16年 大泉洋 累計33万部突破!大泉洋が1997年から綴った18年分のエッセイ集(文庫版で2年分を追記)。文庫版では大量書き下ろし(結婚&家族について語る!)。あだち充との対談も追加収録。 ☆私は筆者のファンでも何でもない。北海道出身で、モ ...

勝負の極意 浅田次郎 私はこうして作家になった! どうしても小説家になりたかった男は卓越した博才と商才を駆使し、ついに悲願を成就――直木賞作家が履き続けた二足のわらじとは? 痛快人生必勝エッセイ。 ☆私は競馬に入れ込んでヨメに内緒で借金を作り、プチ修羅場 ...

ひとりぼっちを笑うな 蛭子能収 小さな頃から「分相応」的なものに自分らしさを感じ、「他人に害を与えない」ことを一番大事に考えてきた。友達だって少ないかもしれないけれど、別に悪いことでもないと思う。蛭子流・内向的な人間のための幸福論。 ☆蛭子能収さんは「 ...

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 堀江貴文 本音で生きる。 むしろ、なぜ本音を言えないのか、なぜ本音で生きられないのかのほうが、僕にはわからない。 「失敗が嫌だから、やらない」 「後で何か言われそうだから言わない」 「嫌われたくないから、突っ込まな ...

筋金入りのヘタレになれ 島田雅彦 「人類不要の時代をどう生き延びるか?」 文豪・島田雅彦が炎上を恐れず語る 人生の嗜み方 人間だけが持っていると思われていた創造性も、 人工知能によって代行される時代が巡って来た。 人間界ではわりとヘタレや敗者も生き延びて ...

蛭子の論語 自由に生きるためのヒント 四十にして惑い、五十でも天命など知らない。気づけば、もう、68歳。「現代の自由人」こと蛭子能収が「論語」を読んでみた!ズレているのは蛭子か、孔子か、はたまた時代か。今を自由に生きるためのヒントが満載。 ☆これは完全にア ...

騎手の一分――競馬界の真実 藤田伸二 プロの世界で長く生きてきたのだから、いつ、どこで、どういう形で引退しようかという 「引き際」は、この2~3年、常に頭の片隅にあった。 (中略) これまで競馬界を支えてきたジョッキーたちが、実は2012年だけで23人もターフを去 ...

このページのトップヘ