カテゴリ:読書感想 > その他歴史関係

☆評価5 ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 阿部 謹也 ☆評価4 龍馬史 磯田 道史 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 磯田 道史 司馬遼太郎で読み解く幕末・維新 小谷野敦 司馬遼太郎に日本人を学ぶ 森史朗 ☆評価3 ...

ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 阿部 謹也 《ハーメルンの笛吹き男》伝説はどうして生まれたのか。13世紀ドイツの小さな町で起こったひとつの事件の謎を、当時のハーメルンの人々の生活を手がかりに解明、これまで歴史学が触れてこなかったヨーロッパ中世社会の差別 ...

司馬遼太郎に日本人を学ぶ 森史朗 司馬遼太郎の作品は何から読めばいいのか? 長編、短編あわせて67編。テーマは戦国時代から江戸期、明治維新へと多岐にわたり、エッセイや紀行文『街道をゆく』では日本各地のみならず、モンゴル、中国、北米、ヨーロッパへと足を伸ばす ...

司馬遼太郎で読み解く幕末・維新 小谷野敦 幕末•維新を舞台とした司馬遼太郎の小説•評論などを通して近代の日本を考察。 「難解な幕末•維新」という時代の深層を、 比較文学者の小谷野敦氏が紐解く! 明治維新とは、攘夷をやると思わせて、 討幕を行った詐欺である! ...

龍馬史 磯田 道史 坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は? 幕末最大のミステリーに挑んだ 気鋭の歴史家が、史料の丹念な読解と巧みな推理でついに謎を解きあかした。 自筆の書状から龍馬の内面に迫り、龍馬が生きた幕末という時代、土佐藩の事情などを一つ一つ検証。既成 ...

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 磯田 道史 当代一の歴史学者が、日本人の歴史観に最も影響を与えた国民作家に真正面から挑む。戦国時代に日本社会の起源があるとはどういうことか? なぜ「徳川の平和」は破られなくてはならなかったのか? 明治と昭和は本当に断絶していたのか? ...

このページのトップヘ