カテゴリ:読書感想 > 西尾維新

掟上今日子の遺言書 西尾維新 冤罪体質の隠館厄介は、ビルの屋上から転落した女子中学生に 直撃され生死の境をさまようも、またも犯人扱い。 事件現場には、ある漫画が自殺の理由だと記す遺書が。 漫画雑誌編集長の紺藤の依頼で、最速の探偵・掟上今日子が、 遺書の「違 ...

☆評価5 化物語(上) 化物語 下 猫物語 (白) 傷物語 囮物語 撫物語 美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 ☆評価4 クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 偽物語(下) 猫物語 ...

掟上今日子の退職願 西尾維新 次の捜査を、最後の仕事に――。 結婚のため退職を決めた波止場警部は、「少しでも長くこの事件に携わっていたい」と思っていた。 しかし、一日で謎を解決する「最速の探偵」掟上今日子の登場で、明日にも職場を去ることになりそうで!? 個 ...

美少年蜥蜴【影編】西尾維新 謎を解き、きみが笑えば大団円だ! 西尾維新史上、もっとも光かがやく団(チーム)――美少年探偵団の活躍を描く「美少年シリーズ」、ここに終幕! ☆このシリーズ、西尾維新作の特徴である「屁理屈をこね回す」芸が炸裂している。しかもラス ...

美少年蜥蜴【光編】西尾維新 「美少年シリーズ」第10作目、遂に刊行! 眉美以外、全員行方不明になった美少年探偵団。眉美は彼らを探すため、手始めにメンバーの家族、リーダー双頭院学の兄にして美少年探偵団の創設者である、双頭院踊のもとを訪れる。そこで踊からあるア ...

化物語(上)西尾維新 阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!? 台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満 ...

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」 「救い出すって……まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」 人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの ...

屋根裏の美少年 西尾維新 晴れて美少年探偵団の新メンバーになった「美観のマユミ」こと瞳島眉美。団長・双頭院学の召集により美術室兼探偵団事務所の改装を手伝うはめになる。しかし、天井裏から発見された三十三枚の絵のおかげで作業は一時中断。描いた主も分からない奇 ...

暦物語 西尾維新 美しき吸血鬼と出逢った春夜から、怪異に曳かれ続けた阿良々木暦。立ち止まれぬまま十二カ月はめぐり、はついに運命の朝を迎える。 シリーズ第15巻 ☆アニメを見た時も思ったのだが、各話がきちんとまとまっていない。今回のオチ、などとあえて書いて ...

花物語 西尾維新 “薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ” 阿良々木暦(あららぎこよみ)の卒業後、高校三年生に進級した神原駿河(かんばるするが)。直江津(なおえつ)高校にひとり残された彼女の耳に届いたのは、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』 ...

美少年М 西尾維新 映画祭で敗退し、敵組織・胎教委員会に繋がる道を断たれた、美少年探偵団。『美観のマユミ』こと瞳島眉美は、沃野禁止郎を追い、私立アーチェリー女学院に単身乗り込むことを決意する。古式ゆかしい大和撫子を育てる名門校では、信じがたい事件が起きて ...

美少年椅子 西尾維新 生徒会長選挙に敗北し、姿を消した沃野禁止郎。彼の正体を探る美少年探偵団だが、足取りは掴めない。一方、新生徒会は美少年探偵団を非公認組織として危険視し、壊滅計画をたてる。探偵団を守るためには、ライバル校の生徒会長にして遊び人・札槻嘘の ...

緑衣の美少年 西尾維新 指輪学園の退廃を企む組織、胎教委員会。美少年探偵団は謎の多い彼らに近づくため、胎教委員会主催の映画祭参加を決める。題目は『裸の王様』、課題は『馬鹿には見えない服』。期限までわずか一日。急いで映画製作を始めようとした団員達だったが、 ...

パノラマ島美談 西尾維新 ☆江戸川乱步をリスペクトしたこのシリーズの中で、原作「パノラマ島奇譚」と最も共通点を感じた作品。財力の限りを尽くし自分の趣味で一つの島を改造する。ナンセンスの極みではあるが、夢と言うかロマンを追求する変人、と言う感じがよく似通って ...

押絵と旅する美少年 西尾維新 美少年探偵団六番目の団員となった瞳島眉美。団長・双頭院学、美声を操る生徒会長・咲口長広、料理上手の不良・袋井満、美脚と健脚を誇る足利飆太、寡黙な芸術家・指輪創作――強烈な仲間と過ごす日々にも、ようやく慣れてきた。しかしある日 ...

このページのトップヘ