カテゴリ:読書感想 > 沖方丁

☆評価5 マルドゥック・ヴェロシティ3 天地明察(上) 天地明察(下) ☆評価4 マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 マ ...

天地明察(下) 沖方丁 「この国の老いた暦を斬ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結ぶこの改暦事業は、文治国家として日本が変革を遂げる象徴でもあった。改暦の「総大 ...

天地明察(上) 沖方丁 徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境 ...

マルドゥック・ヴェロシティ2 沖方丁 廃棄処分を免れたボイルドとウフコックは、“三博士"のひとりクリストファー教授の指揮の下、9名の仲間とともにマルドゥック市へ向かう。 大規模な再開発計画を争点にした市長選に揺れる街で、新たな証人保護システム「マルドゥック・ ...

マルドゥック・ヴェロシティ3 冲方 丁 都市を支配する勢力の抗争に端を発した拷問殺人の背後には、闇の軍属カトル・カールの存在があった。 ボイルドらの熾烈な戦いと捜査により保護拘束された娘、ナタリアの証言が明らかにしたのは、労組対立を利用して権力拡大を狙うオ ...

マルドゥック・ヴェロシティ1 沖方丁 戦地において友軍への誤爆という罪を犯した男――ディムズデイル=ボイルド。肉体改造のため軍研究所に収容された彼は、約束の地への墜落のビジョンに苛まれていた。そんなボイルドを救済したのは、知能を持つ万能兵器にして、無垢の良 ...

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕沖方丁 なぜ私なの? 賭博師シェルの奸計により少女娼婦バロットは爆炎にのまれた。 瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にして万能兵器のネズミ、ウフコックだった。 法的に禁止された科学技術の使用が許 ...

マルドゥック・アノニマス 1 沖方丁 『マルドゥック・スクランブル』から2年――自らの人生を取り戻したバロットは勉学の道に進み、ウフコックは新たなパートナーのロックらと事件解決の日々を送っていた。そんなイースターズ・オフィスに、馴染みの弁護士サムから企業の ...

十二人の死にたい子どもたち  冲方 丁 2019年1月に衝撃の映画化! 廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「集団安楽死」をすること。 決を取り、全員一致でそれは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。彼は何者で、なぜこ ...

マルドゥック・アノニマス 2 沖方丁 企業の内部告発者ケネス・C・Oの行方を追うなかで、ウフコックはパートナーのロックと弁護士サムを〈クインテット〉により惨殺された。保護証人を失ったイースターズ・オフィスは事件不成立より調査を中断するが、ウフコックはサム ...

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕冲方 丁 少女は戦うことを選択した―人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したパロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力 ...

マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 沖方丁 それでも、この世界で生きる バロットは壮絶な闘いを経て、科学技術発祥の地“楽園”を訪れ、シェルの犯罪を裏付けるデータが、カジノに保管された4つの100万ドルチップ内にあることを知る。 チップを合法 ...

このページのトップヘ