カテゴリ:読書感想 > 森達也

「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔 森達也 メディアの垂れ流す情報に感覚が麻痺していく視聴者、モノカルチャーな正義感をふりかざすマスコミ……「オウム信者」というアウトサイダーの孤独を描き出した、時代に刻まれる傑作ドキュメンタリー。 ☆オウム真理 ...

☆評価5 死刑 すべての戦争は自衛から始まる ☆評価4 「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい 「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔 ...

死刑 森達也 罪とは何か。罰とは何か。そして、命とは何だろうか?議論はいつも「賛成か」「反対か」の二項対立ばかり。知っているようで、ほとんどの人は知らない制度、それが「死刑」だ。多くの当事者の声を聞き、論理だけではなく、情緒の問題にまで踏み込んだ、類書な ...

すべての戦争は自衛から始まる 森達也 歴史上、多くの戦争が自衛意識から始まった。ナチス最高幹部だったヘルマン・ゲーリングは「戦争を起こすことはそれほど難しくない」と述べている。「国民に対し、我々は攻撃されかけているのだと危機感をあおり、平和主義者には愛国 ...

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい 森達也 死刑存続論者の多くは、「死刑制度がある理由は被害者遺族のため」と言う。しかし、著者は問う。「自分の想像など被害者遺族の思いには絶対に及ばない。当事者でもないのに、なぜこれほど居丈 ...

このページのトップヘ