2019年10月

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 小野不由美 民には、早く希望を見せてやりたい。国の安寧を誰よりも願った驍宗の行方を追う泰麒は、ついに白圭宮へと至る。それは王の座を奪い取った阿選に会うためだった。しかし権力を恣にしたはずの仮王には政を治める気配がない。一方 ...

言論の不自由?! 鈴木邦男 長崎市長銃撃事件、旗・国歌法成立など、発言のたびに物議を醸してきた著者が、問答無用のテロに訣別し、学校での君が代強制に反対するまでのテンマツを、すべて明らかにする。自分自身がテロに関与した体験を率直に語り、かつ仮説天皇制廃止論を ...

完全版 看寿賞作品集 詰将棋パラダイス 詰将棋最高の栄誉・看寿賞 その歴代全作品を収録! その年の最も優秀な詰将棋に贈られる「看寿賞」。 本書ではその第1番となった北村研一作「槍襖(やりぶすま)」から、平成27年度の受賞作まで全て収録・解説したものです。 平 ...

将棋は歩から (上巻) 加藤治郎 加藤治郎名誉九段による、歩の使い方だけを、上中下の三巻に渡って解説した名著です。 特に初心者の方におすすめで、将棋を覚えて、将棋が面白いと感じられた方なら、楽しく読めると思います。 この本では、歩の使用法を18種類に分けてい ...

棋士の一分 将棋界が変わるには 橋本崇載 スマホ不正疑惑をなぜ未然に防ぐことができなかったのか。将棋ソフト、プロなき運営、見て見ぬふりをしてきた将棋ムラ…「憧れの職業どころか食えない職業になる日も近い」という将棋界の実情を現役棋士が明かす。 ☆関心のない ...

勉強の仕方―頭がよくなる秘密 米長邦雄 羽生善治 知的向上心がグングンついてくる。まず、真似をする勇気を持て。ベストの勉強法は常に変化する。直感力を鍛える時期とは?20歳の勉強法、40歳の勉強法。脳味噌はゆったりと成長させてやる。伸びる人間・伸びない人間の差 ...

つめたいよるに  江國香織 デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった──。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日、乗った電車でわたしはハンサムな男の子にめぐりあった……。出会いと別れの不思議な一日を綴った『デューク』 ...

☆評価5 王とサーカス インシテミル いまさら翼といわれても  さよなら妖精 満願 ☆評価4 クドリャフカの順番 ふたりの距離の概算 真実の10メートル手前 ☆評価3 リカーシブル 遠まわりする雛 氷菓 ボトルネック 愚者のエンドロール  ...

リカーシブル 米澤穂信 越野ハルカ。父の失踪により母親の故郷に越してきた少女は、弟とともに過疎化が進む地方都市での生活を始める。だが、町では高速道路の誘致運動を巡る暗闘と未来視にまつわる伝承が入り組み、不穏な空気が漂い出していた。そんな中、弟サトルの言動 ...

聖家族(下)  古川日出男 狗塚家。青森の名家である彼の家とともに、東北の歴史は記憶されていた。親から子へ、子から孫へ。語り継がれる「正史」は、ふたたび現代と出会い、物語は狗塚三兄弟の逃亡劇から冠木兄妹の誘拐事件へと移る。異境を翔る者、天狗。人を導く、犬。 ...

演劇入門 平田オリザ 若き天才が全て明かす「芝居作りの技術」。シェイクスピアはなぜ四世紀にわたって人気なのか? 日本で対話劇が成立しづらいのはなぜか? 戯曲の構造、演技・演出の方法を平易に解説する画期的演劇入門書! ☆私は高校演劇とは結構関わりがあり、彼らの ...

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か  平田オリザ ―大反響! 絶賛の嵐!― 【阿川佐和子氏】 目からウロコ!「コミュニケーション」という言葉の周辺で モヤモヤイライラしていたものが、一気に吹き飛ばされ、すっきりした気持になりました。 【谷 ...

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 小野不由美 戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶 ...

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 小野不由美 人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊は、芳国国王である父が簒奪者に殺され、平穏な暮らしを失くし哭いていた。そして鈴は ...

風の万里 黎明の空〈下〉ー十二国記4 小野不由美  王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く ...

このページのトップヘ