☆評価5 13 沈黙/アビシニアン  アラビアの夜の種族〈1〉 アラビアの夜の種族 III サウンドトラック〈下〉 ベルカ、吠えないのか? 聖家族(上) 聖家族(下) ☆評価4 アラビアの夜の種族Ⅱ サウンドトラック〈上〉 LOVE ☆評価3 ...

天地明察(上) 沖方丁 徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境 ...

神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 奥泉光 太平洋戦争末期、探偵小説好きの石目鋭二上等水兵は、軽巡洋艦「橿原」に乗務を命じられた。「橿原」は過去に怪死事件が相次ぎ、殺害の実行犯がいまも潜むと囁かれている。艦底の内務科5番倉庫では、機密物資を運んでいるという ...

虚構推理 “怪異”たちの知恵の神となり、日々“怪異”たちから寄せられるトラブルを解決している少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!?そんな普通ではない2人が、“怪異”たちの引き起こすミステリアスな事件に立ち向かう ...

たけしくん、ハイ! ビートたけし 気が小さくて、酒を飲まないと何もいえなかったおやじ。酔っぱらうと「バカヤロー」が口癖で、おふくろには頭が上がらなかった。おふくろは、やたら教育熱心で、秀才の兄きが自慢の種だった。俺は遊びに夢中だった。何もない時代だからこ ...

アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎 大学入学のため引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。標的は――たった一冊の広辞苑。僕は訪問販売の口車 ...

☆評価5 熊と踊れ 下 アンデシュ・ルースルンド ステファン・トゥンベリ ☆評価4 熊と踊れ 上 アンデシュ・ルースルンド ステファン・トゥンベリ 臨時特急「京都号」殺人事件 西村京太郎 蝋人形館の殺人 ジョン・ディクソン・カー 僧正殺人事件 S.S.ヴァン・ダイ ...

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 城平京 私たちは概ね嘘で出来ているのですけれど、理(ことわり)だけは通しているのです。お読みになればお解になれます。 ――京極夏彦、歓喜! 全てが嘘なのに面白い。怪異【不合理】を虚構【不真実】でねじ伏せる、定石破りの屁理屈推 ...

☆評価5 「憲法改正」の真実 樋口 陽一 ネット私刑(リンチ)安田浩一 すべての戦争は自衛から始まる 森達也 ☆評価4 普天間・辺野古 歪められた二〇年 宮城 大蔵 ,‎ 渡辺 豪 憲法の無意識 柄谷行人 橋下「日本維新の会」の深い闇 一ノ宮 美成 知の武装: 救国のイ ...

すべての戦争は自衛から始まる 森達也 歴史上、多くの戦争が自衛意識から始まった。ナチス最高幹部だったヘルマン・ゲーリングは「戦争を起こすことはそれほど難しくない」と述べている。「国民に対し、我々は攻撃されかけているのだと危機感をあおり、平和主義者には愛国 ...

鬼滅の刃 時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹の襧豆子は鬼に変貌してしまった。絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道を進 ...

花の鎖 湊かなえ 元英語講師の梨花、結婚後、子供ができずに悩む美雪、絵画講師の紗月。3人の女性の人生に影を落とす謎の男「K」。感動のミステリ ☆三世代別々の女性が一人称で語る、謎をはらんだ物語が1つに収束する構成が技巧的。「花」がキーワードだが、明るいイメ ...

ローマ人の物語 (22) 危機と克服(中) 塩野七生 三人の皇帝が相次いで倒れ、帝政ローマの統治機構に制度疲労が生じ始めていた頃、それを裏付けるように、辺境で異民族の反乱が勃発した。西方のゲルマン系ガリア人が独立を宣言したのだ。一方、東方ではユダヤ人が反抗を続け ...

3652: 伊坂幸太郎エッセイ集 エッセイが得意ではありません――。自らはそう語る伊坂幸太郎がデビュー以来ぽつぽつと発表した106編のエッセイ。愛する小説、映画、音楽のこと。これまた苦手なスピーチのこと。憧れのヒーローのこと。趣味を語る中にも脈々と流れる伊坂的思 ...

虚構推理 城平京 巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。 人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学院生の九郎が、この怪異に立ち向かう。 ...

このページのトップヘ