☆評価5 The Story of Doctor Dolittle Hugh Lofting The Voyages of Dr. Dolittle Hugh Lofting Doctor Dolittle's Post Office  Hugh Lofting Doctor Dolittle's Circus Hugh Lofting ☆評価4 Gulliver's Travels Into Several Remote Regions of the World J ...

Alice's Adventures in Wonderland Lewis Carroll On a drowsy afternoon by a riverbank, a young and distracted Alice follows a rabbit into a fantastical underground world that grows curiouser and curiouser. Dared, insulted, amused, and threatened by a suc ...

Doctor Dolittle's Circus Hugh Lofting The doctor needs money to pay off a voyage to Africa, so he joins the circus with the pushmi-pullyu as his attraction. He enlightens a circus owner who cares little for animals, fights against the practice of fox h ...

The Story of Doctor Dolittle Hugh Lofting This book was converted from its physical edition to the digital format by a community of volunteers. You may find it for free on the web. Purchase of the Kindle edition includes wireless delivery ☆小学生の ...

京都寺町三条のホームズ(14)-摩天楼の誘惑 望月麻衣 清貴が上海に旅立った数日後、葵は利休、好江とともにニューヨークにいた。世界的な女性キュレーター、サリー・バリモアが女性キュレーター育成のために招いたのだが、待ち受けていたのは厳しい試験。なんとか「特待生」 ...

☆評価5 ☆評価4 見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) あの頃の想いと優しい夏休み-京都寺町三条のホームズ(11) 京都寺町三条のホームズ(12)-祗園探偵の事件手帖 京都寺町三条のホームズ(14)-摩天楼の誘惑 ☆評価3 京都寺町三条のホームズ 1 真贋 ...

☆評価5 竜馬がゆく (六) 翔ぶが如く (9) 街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか 街道をゆく 11 肥前の諸街道 街道をゆく 15 北海道の諸道 街道をゆく 16 叡山の諸道 街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 街道をゆく〈21〉神戸・横浜散歩ほか 街道をゆく 22 南 ...

坂の上の雲(六)司馬遼太郎 作戦の転換が功を奏して、旅順は陥落した。だが兵力の消耗は日々深刻であった。北で警鐘が鳴る。満州の野でかろうじて持ちこたえ冬ごもりしている日本軍に対し、凍てつく大地をとどろかせ、ロシアの攻勢が始まった。左翼を守備する秋山好古支隊 ...

街道をゆく 22 南蛮のみちI 司馬遼太郎 バスクは浮世の国ではない。常世の、本質的な国であるような感じがする──日本史のなかでもっとも印象的だった「南蛮人」の代表、宣教師フランシスコ・ザビエルの痕跡を求め、パリからザビエルの生地であるバスク地方へと訪ね歩く ...

世に棲む日日 (二)司馬遼太郎 海外渡航を試みるという、大禁を犯した吉田松陰は郷里の萩郊外、松本村に蟄居させられる。そして安政ノ大獄で、死罪に処せられるまでの、わずか三年たらずの間、粗末な小屋の塾で、高杉晋作らを相手に、松陰が細々とまき続けた小さな種は、 ...

街道をゆく 11 肥前の諸街道 司馬遼太郎 日本侵略へのフビライの執念に思いを馳せた「蒙古塚」を皮切りに、地図をながめるだけで「にわかに貿易風の吹きわたるにおいを感じてしまう」という肥前のみちをゆく。平戸から長崎へ、中世末の日本が初めて「普遍」の波に洗われ ...

この国のかたち (一)司馬遼太郎 日本は世界の他の国とくらべて特殊な国であるとはおもわないが、多少、言葉を多くして説明の要る国だとおもっている――長年の間、日本の歴史からテーマを掘り起こし、香り高く稔り豊かな作品群を書き続けてきた著者が、この国の成り立ち ...

このページのトップヘ